スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

出産レポ(12月13日~15日のこと)

もう1か月前のことになってしまうんだなー。

みなさんが読んであまり役には立たないと思いますが、
自分の記録として記しておきます。


忘れないうちに。。。


 ランキング参加してます★ポチッと押していただけると大変励みになります
 他にも赤ちゃんを待つ仲間がたくさんいますよ♪
      ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 マタニティーブログ 初産へ にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊から妊娠へ にほんブログ村 マタニティーブログ 顕微授精から妊娠へ
にほんブログ村

 コチラにも赤ちゃんを待つ仲間がたくさん♪♪
      ↓ ↓ ↓ ↓

  

【12月13日(火)】

朝の診察が始まる時間に入院。
病棟に移動して着替えと入院に際しての問診。

9:30から1時間おきに陣痛促進剤を内服で飲んで陣痛の誘発開始。

2回目の内服が終わった11時前から、
おなかの張りとともに強めの生理痛くらいの陣痛様の痛みがつき始める。
おなかと腰と両方に来る痛み。
40~60秒の痛みが5~20分間隔とバラバラ。

NSTのモニターは数時間おきにつけておなかの張りを確認。
昼過ぎ頃は痛みの間もウトウトできた。

この日は特に何事もなく14:30までの内服6錠で終了。

夕方ちょっと水っぽいものが出たけど
チェッカーしてもらったら破水ではなくおりものだったもよう(´ー`A;)。
子宮口はガッチリ0cm(汗)。

次の日促進剤の点滴になったら朝食抜きになるとのことなので、
夕食は痛みの間を縫って完食◎


夜になるにつれてだんだんと痛みが強くなる。
21時頃は痛みの間隔4~8分。
内診にて指1本分開いていた!
おしるしっぽいのが初めて出た!



【12月14日(水)】

0時、赤ちゃんの心音バッチリ。
そして元気に動き過ぎなので助産師さんも笑ってた。
また、おしるしっぽいのを確認。


1時頃、
昨夜から強くなってた痛みが重い生理痛を超えた。
間隔は9分程度。
痛いけど声が出るほどじゃない。
痛みが1分間くらいとわかってるので全然耐えられる。
とにかく深呼吸&深呼吸の独自の呼吸法で助産師さんからもほめられた。
この時点を陣痛開始=正式な分娩開始時間にされた。

「我慢しなくていいから、夜の間だけでもLDRに移ってみる?」と言われたので
お言葉に甘えてLDRへ移動。

LDRではケイタイ使っても全然いいと言われたので
充電器しっかり持ち込んでTwitterでつぶやきまくり(笑)。
(いい記録になりました◎)
“陣痛時計”というアプリが大活躍。
他にストロー付きペットボトルのお茶とタオルがお供。
(このストロー付きペットボトルは、
 自分のタイミングで開けて飲めるし、すごく役に立ちました!)
 ストロー 携帯用プッシュ式ストローホッパーキャップ(2本組)
 (Pre-moに載ってた主婦の友ダイレクトオンラインショップにて購入しました。)


気分転換に、と音楽CDかけてもらった。
スタッフさんチョイスのJ-POPクリスマスソングらしい。
シーンとしたLDRに静かに響くクリスマスソングが、
すごく凛とした冬の感じにマッチしていました。

モニターでみると結構張りが強めに出てたみたいで助産師さんに驚かれる。
我慢し過ぎなんかしら?(´ー`Α;)


4時前。
痛みは強くなってる。が、子宮口の開きは進んでない模様。

4~8分間隔の強い痛み&元気な胎動のために
ウトウトから呼び戻されるため、全く眠れない(汗)。
「目をつぶるだけでもしとかんと体力がもたんことなるよ」と言われ、
5分だけでもがんばって目をつぶる。
長丁場になりそうな予感・・・。

7時過ぎの内診で子宮口まだ指1本分(汗)。
ただし入り口やわらかくなってるとのこと。
赤ちゃんも下がってないみたいだし、まだまだかかりそう。

LDRが他の処置で使われるとのことで一旦病室に。


主治医の先生が病室に来て下さり、
「自然に陣痛がついたので今日はこのまま自然に任せましょう。
 明日になっても産まれなかったら点滴ね」
とのこと。
・・・って先生、それはそれで
この痛みに耐えるのが長引くってことですよね(汗)
って心の中で思った。

(後々いろんな助産師さんに言われてわかったことだけど、
 最後の健診ときに
 「(たんちゃんが静岡出張予定の)14日に産まれないようにー
 ってのはできませんよね?(´ー`Α;)」
ってダメ元で言ったのを聞いてくれてたらしい。
 そのときは先生から
 「立ち合いと赤ちゃんが無事に産まれるのどっちが大事?」って怒られたけど(汗)。
 しかも数日前にたんちゃんの出張中止になっていた。)

9時半頃、またLDRへ移動。

湯たんぽや、ゆらゆら動く木馬っぽい椅子を持ってきてもらうけど、
気休め程度。。。

まだ余裕があったのでLDRの写真撮りまくり(笑)。

お世話になったLDR
LDRのベッド。

ゆらゆらする椅子
ゆらゆらする椅子。高い方に伏せて使うんだって。

NST
ずっとみつめていたNSTのモニター。



12時前、
陣痛に強弱があったので、NST中でも弱い張りと痛みの間に少しウトウトできた。
赤ちゃんも爆睡中(笑)。

主治医の先生とともにときどき診てくれてた若い女医さんが来てくれて
「今日ご主人来れないんだって?」と言われたので
「それがですねー・・・と出張なくなったことを話したら、
「今からでも促進剤の点滴できるか聞いてみよっか」
とのことで主治医のS先生のところへ。
主治医の先生と話した結果、
今から促進剤するのも・・・ってことで
昨日と同じく弱めの内服で行こうということに。
今日は上限3錠まで。

促進剤の点滴はしないということで
お昼も数分間の痛みの合間を縫ってしっかり食べた。
(しかし、この時食べた野菜サラダのオニオンスライスが
 陣痛中に上がってきて後々気持ち悪くてたまらなかった(泣))


内服2錠目後に痛みに強弱がなくなり、
15時半過ぎに飲んだ3錠目後には痛みがさらに増して長さも1分半に。


強い痛みは薬の影響か、このままお産につながるか瀬戸際・・・
っていう16時半頃、
NSTのモニター中に来た張りで
「ゴッ」という音と強い痛みとともにドーッと破水するのがわかった。
このときは破水チェッカーで反応はなかったみたいだけど、
この後張りのたびにドーッと出てたので破水と思う。

こりゃマズイと思って分娩台の上から
「破水したっぽい。産まれそうよ。来れる?」とたんちゃんに電話。

この電話の後、陣痛MAX。
しかも間隔がほとんどなく、出産までずーーーーーっと痛かった(汗)。
(Twitterもさすがにここまで・・・(´ー`Α;))

とにかくおなかが痛く、しゃべることもできず、
今まで出なかったけど声を出して痛みを逃そうとするのみ。
助産師さんのマッサージ以外は受け付けず、
駆けつけてくれた母にも
応援に来てくれた妹にもとにかくそっとしておいてもらう。

(このとき、ある事件(汗)が起きるけど、それはまた後日書きます(-" -;))

19時半頃駆けつけたたんちゃんにも
とにかくギュッと力を入れた左手を握ってもらっていた。

トイレに行ける状況じゃなかったけど、
おしっこ出しとかないと赤ちゃんが出にくくなるとのことで
確かこの辺りで管入れて導尿。


この後、痛みに加えて
いきんじゃいけないのにいきみたくなる衝動に耐えるというのを、
いきみ逃しならどこに力入れてもいいって言われたので、
張りの波が来るたび約4時間、全身に力込めて逃してました。
(助産師さんがついててくれるときは肛門を押さえてくれるのが助かった~。)

帝王切開したことはないけど
4年前におなかザックリ開腹手術はしたことあったので、
「もういい、切って!あの術後の痛みの方が全然ましや!」って
心の中で思った。


破水した後17時過ぎの時点でも子宮口は指1本半。
それからとにかく子宮口が開かないのがツラく、
1時間おきに
「今何cmですか?!」
「全開大って10cmですっけ?!」
「全開大までいかないとダメなんですよね?!」
ってことを言いつつ
確認してもらっていた。

23:45頃、
やっと全開大に近付いたので
「ちょっといきんでみる?」と“いきみOK”のGOサインが出たため、
「待ってました!」とばかりに自然な流れで2・3回いきんでみた。
子宮口から3cmくらいの広さで赤ちゃんの髪の毛が見えると言われる。

赤ちゃんの位置がそれまでは全然下がってなかったのに、
背が高いからか下がるときはググッと下がるのがスゴイとのこと。

引き継ぎの夜勤の助産師さんに
「このお母さん、いきみ逃しが上手いよ~」って
言ってるのを聞いて調子に乗る(笑)。


【12月15日(木)】

日付変わる頃、
乗っていた台の設定を変えて足を固定され、
そのまま台が分娩用に準備される。

いきんで、いきみ逃して、いきみ逃して、いきみ逃して・・・くらいのリズムで
いきみOKのGOサインが出てから約1時間経過後、
宿直の産科の先生に会陰切開されて
最後にいきんで頭が出ました!

子宮口全開大までは時間かかったけど、それからは案外早かった(´ー`A;)

出産前に友人たちから
「“鼻からソフトボール”とか“鼻からスイカ”ってくらい痛い」
と言われていたけど、
わたしは
陣痛MAXと、何よりいきみ逃しがツラくて
頭が出るときは全然痛くなかったなぁ。

今まで過去2回ほど、しつこい便秘のときに
「ヤバイ!肛門が引きちぎれるっっ(((( ;゜д゜)))」
ってお通じがあったけど、それに近いかも(汗)。

なので、頭~肩と出てきたときはほんとに快感で、
テンション上がっちゃって
「いや~ん!ほんとにヌルッて出たー!」
「おなかが楽になった~!」
「たんちゃん、出てきたよ~!」
ってずっとしゃべってて(笑)。

そうこうしてると
優しい洋楽のクリスマスソングが流れる中、
「おぎゃー!(≧Д≦)」と大きな声で泣いてくれ、0時53分、娘が誕生しました。

ちなみにわたしは午後12時53分生まれなんですよ♪(`∀´)

おなかの上に乗せてもらって
「やっと出てきたね~!会えたねぇ!」
お腹をこちょこちょ触って、その後両手で握手しました♪

初めて会った印象は「なんか大きい」(笑)。
新生児ってもっと小さいイメージがあったので、
ガッシリ立派でそんな雰囲気がひとつもなかった(´ー`A;)

わたしと対照的に、
たんちゃんはいつものごとく(笑)物静かでした。
でも感動して涙をこらえるのに必死だったとのこと(^m^)

(数日後、取り上げて下さった助産師さんから
 「あまりに静かで、ご主人気分悪くなっとるんかと思った」と言われた(笑))


体重量って、
3918グラムというのを助産師さんたちが数人見に来てた(笑)。
なかなか最近じゃ珍しい大きさですから(´ー`Α;)

産まれてすぐ
「今のうちにお父さん、写真でも写メでも何でも撮っていいよ」
と先生に言われてたけど、
たんちゃん、なぜかハンディカムで
静止画を2枚だけ撮るというなんとも残念な結果を残されました( ̄□ ̄;)
あとはケイタイで1枚だけ写メってた(汗)。
初写メ byパパ
本当は持ってた一眼で撮ってほしかったけど、無理やったなぁと確信(-" -;)


処置があるため、赤ちゃん連れてかれる。

我が娘は
大きく産まれたため“巨大児”という部類に入るらしく、
低血糖になりやすいから管理のために一旦NICU に入るってのと、
あとは3800いくつだったか忘れたけど、
それ以上の体重にになると保険が適用になるんだよ~というのを
会陰切開した部分と少し傷付いた産道を縫い合わせながら
先生が話して下さいました。


縫合後、
たんちゃん「じゃあ、わし帰る」と。帰宅される。


その後、
取りあげてくれた助産師さんからホットタオルで体を拭いてもらい、着替えて
産後2時間はそのままLDRでよこになって休憩。
長時間全身に力が入っていたため、すでに全身筋肉痛(´ー`Α;)
なぜか熱も少しあった。

3時前、2時間経ったけど出血量が多いため、
アイスノンをおなかに乗せてさらに1時間そのまま待機。
このときに後陣痛が1・2回あったけど、その後は特になし。

4時、
やはりまだ出血量が多いということで朝方までLDRで待機することに。
巨大児ゆえに子宮も大きくなってたから
その分出血も増えるので仕方ないんだって。
起き上がれないし産後のマヒで尿が出なかったので、もう1回導尿してもらった。

7時頃なんとか起き上がれるようになったけど、
軽い脱水症状が出ていたため、お水もらって飲んで、
朝ごはんもLDRで食べ、トイレでおしっこが出たのを確認して、
9時前までLDRで過ごしました。


最後に。
LDRにかけてあったいわさきちひろの絵。
いわさきちひろ
12月15日はいわさきちひろさんの誕生日なんです。



。.。:+* ゚ ゜゚ *+:。.。:+* ゚ ゜゚ *+:。.。.。:+* ゚ ゜゚ *+:。.。:+* ゚ ゜゚ *


わたしのお産前後はこんな感じでしたねぇ。

産むときにいきんだ痛みはなんとか今も覚えてるけど、
陣痛の痛みは出産から1日もしないうちに忘れてしまった(´ー`A;)

これだから何人も産めるんだろうなぁ。
そういうふうになってるんでしょうね。



 ランキング参加してます★ポチッと押していただけると大変励みになります
 他にも赤ちゃんを待つ仲間がたくさんいますよ♪
      ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 マタニティーブログ 初産へ にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊から妊娠へ にほんブログ村 マタニティーブログ 顕微授精から妊娠へ
にほんブログ村

 コチラにも赤ちゃんを待つ仲間がたくさん♪♪
      ↓ ↓ ↓ ↓

  

スポンサーサイト

テーマ:出産のときの事 - ジャンル:結婚・家庭生活

comment

post a comment


管理者にだけ表示を許可する

trackback

プロフィール♪

またこ☆

Author:またこ☆
生まれた年月*1981年4月
所属*フルタイム・ハケン主婦
   →2011年4月より専業主婦に
住まい*本州の西の端

旦那サマ*1980年生まれで1歳上
名前*たんちゃん

娘*2011年生まれ
名前*じゅりー

2007年2月に入籍。
2007年5月の挙式後、ベビ待ち解禁。

2007年10月、卵巣に腫瘍発覚。
10月下旬、左卵巣・卵管を全摘出。
   開腹時に子宮内膜症も発見。

内膜症治療(薬で偽閉経)を経て、
 2008年1月末ベビ待ち再開!

2008年3月より不妊治療開始
 ・卵管造影検査=OK
 ・卵胞チェック
 ・排卵誘発(クロミッド+hCG)
 ・フーナーテスト=OK
 ・血中ホルモン=プロラクチン高め
  (カバサール/週1 服用(~08年9月))
 ・高温期のホルモン補充
  (hCG注射+デュファストン
     →08年9月よりhCG注射のみ)

 ・08年10月、AIH1回目→×
 ・08年12月、AIH2回目→×
  (週末排卵時のみAIH挑戦、
         その他はタイミング)

 ・09年3月、卵胞未破裂のため
  hcg注射中止
   →高温期にデュファストン服用

2009年4月
専業主婦からフルタイム派遣社員に。
     ↓
通院を勝手に中断(苦笑)

2009年8月
隣県の不妊専門院(St.M)へ転院。
 ・卵巣に腫れ?
 ・内膜症の腫瘍マーカー → (-)

2009年10月
2回目の卵管造影検査→△ 癒着か?

2009年11月
腹腔鏡検査(ラパロ)→卵管癒着あり
…「自然妊娠はムリ」!?

2010年6月
IVFへステップアップ
・HMG+GnRHアンタゴニストで排卵誘発
→8個採卵、ICSIへきりかえ
 …が、全部受精せず×(汗)。

2010年8月末
IVF(ICSI)2回目
・HMG+スプレキュアで排卵誘発
 ショート法。
→6個採卵 IVF適応
 余剰胚2個(8cell,10cell)凍結保存
 新鮮胚(7細胞胚)1個 移植(ET) →×

2010年11月
自然周期にて凍結胚盤胞移植(BT)
 初期胚盤胞・胚盤胞の2個移植→×

IVF(ICSI)3回目
・HMG+スプレキュアで排卵誘発
 ショート法。
→5個採卵 ICSI
 2個(8cell,11cell)全胚凍結保存

2011年3月
HR(ホルモン補充)周期にて
凍結胚(2個)移植

→初めての陽性反応が出ました!


☆2001年12月15日、
  長女が誕生しました☆




※身内に探られないように
 ひっそりと書きたいので(苦笑)、
 ブログ内で病院名をふせています。
 ご理解のほどよろしくお願いします!

誕生日カウント♪

結婚記念日カウント♪

最近の記事+コメント♪

カテゴリー♪

ごあいさつ♪

ご訪問ありがとうございます!         (*´∀`人)☆*。+゜*・。゜*               ぐうたら主婦のまたこデス!       -----------------      カテゴリーの“○周期目”をおすと       その周期の基礎体温のまとめが出ます。   ・・・が!!!                  19周期目からまとめてません(汗)。     記録すらしていません(大汗)。           おってまとめていきまーす。。。 -----------------            -----------------           

カウンター♪

いつもありがとうございます☆★

ただいまの閲覧者数♪

現在の閲覧者数:

赤ちゃん待ちブログリンク♪

コチラにも行ってみてください!         ↓↓↓↓↓

にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊(赤ちゃん待ち)へ
にほんブログ村                   ベビ待ちブログがたくさんありますよ♪

愛用してます♪

メッセージはコチラから♪

お気軽にどうぞ~(*´∀`人)

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

Amazon商品サーチ★

ブロとも申請フォーム

ドレミフラッシュ♪

ポチッで音がします♪ 遊んであげてください。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。